Xiaomiの反日CMについて考えた

Android

Xiaomiの、Redmi Note 9 ProのCMが反日的な内容を含んでいるとして、公開された5/5の夜に日本のスマホマニアの間で疑念が広がり、公式チャンネルはYouTubeからCMを削除。この騒動によりXiaomiの不買をすすめる運動も出てきている。そこで、筆者なりの意見を明らかにしたいと思う。

問題のRedmi Note 9 Proのシーンとマニアたちの反応

バッテリーに関して、30Wの急速充電が売りにされた。そこでは、男性が寿司と見られる海苔巻きにきゅうりを乗せたものを食べて、体が膨らみ、浮上。屋根を突き破って空に舞い上がり、雲の上で大爆発を起こすというもの。

みるみるうちに充電が溜まっていく。
いただきまーす!
膨らむ男性、ヘリウムを詰めた風船のように浮き出した。
屋根を突破。背景からして浅草寺だろうか?
空に昇っていく。
キノコ雲は核爆発の象徴だ。

これに関して、長崎原爆の比喩だという意見が噴出。

1945年8月9日に長崎に落とされた原子爆弾のファットマン(太っちょ)というコードネームがあることも日本では知られており、太った男性・日本の上空・核爆発の暗示から批判が噴出

Xiaomiは以前に日本語専攻の学生に対して就職差別をしたことでも話題になり、今回でそんな「前科」と合わせて反日企業としての姿勢が見えることになってしまった。

これにより、普段はXiaomiのスマホを愛用していた日本のマニアの中からも、「もうXiaomi製スマホは買わない」「やっぱり反日」と批判が噴出。スマホ界隈を超えて、一時Twitterのトレンドにも上がるなどその炎は上がっている。

筆者の政治・思想派閥

筆者はもともと政治的には保守的で、日本の防衛力強化や文化財保護、現政権の政策も支持することが多い。日本は世界的に優れた国の一つで、成功が1億の人口に対して還元された唯一の楽園だと思う。

しかし将来的な観点で言うと、自分や子供の教育のことを考えて日本に住み続けることには抵抗を感じている。思想は保守的でも、自分自身がこの国や日本に住む他人に対して貢献しつづけるかはわからない。

もちろん、自分は日本で生まれて日本で育った。しかし無慈悲なことだが、やっぱり自分のことが一番可愛いので政治に意見はあっても将来この国にいる理由がない、もうダメだと思ったなら出るまでだ。

そういった自己責任論の延長として、政治が自分のために実感できる何かをやってくれるとは到底思わない考えなので、当然期待もしていない。治安が良く、ゴミが少なくて病院にも行きやすい、それだけでいいのだ。自分が困ってないから。政治思想や政策で自分の人生が変わるなど、夢にも思わない。思っているとしたら妄想の類だろう。

同じように、他国に働きかけるのもあまり好きではない。以前はそう思っていたが、今は馬鹿らしかったと反省している。だから、基本的にそういった政治的な食い違いを日常的に意識することはない

今回の騒動に関するの筆者の考え

正直言えば、Xiaomiの反日的な姿勢がこうして再び出てきてしまったことから、企業に関してはあんまりいい見方をしていない。言い逃れの出来ない原爆の描写をしているのは確かで、Xiaomiに企業としてのレイシズムが見えることから、それを嫌うと言うのは大しておかしくないと思う。戦争の歴史を踏みにじられることに憤る人もいるだろう。

もっとも、元からDxomarkの点数改竄疑惑や日本市場に投入するスマホが少ないかつ、製品に対してもただのスペック馬鹿のイメージが強くXiaomiに期待はしていなかった。まだ触ったことがないから安さにしか取り柄がないとまで思っている。

しかし、私の考えはこうである。

政治的な問題は購買に影響するか

自分は政治を中心に生きているわけではないので、スマホを趣味にしている自分にとっては、Xiaomiが反日的な行動を取ろうと、不買をする気もない。スマホに目の肥えた市場でも戦っていけるスマホを作っている世界的企業としては、今後も注目していくし、いいものがあれば購入するのみである。

先も述べた通り、自分は基本政治に関して保守の立場をとっても、特定の民族や思想に関して行動を決定しないと考えているからだ。

だから、反日企業だろうと私は個人的な政治見解が製品購入に関しては一切干渉しないのである。いいものを手にしないでどうする。これを買ったことで反日運動が進み自分が困るだろうか。困らないから気にしないのである。だから不買運動に関しても賛成も反対もしない。自分が満足すればそれでいい。

マニアたちよ、同調圧力は辞めよ

最後に、Twitterで騒動を目にしていて思ったのは、同調圧力が凄まじいと言うことだ。いわゆるマニアが過剰に反応して不買を猛烈にすすめていることである。

反日企業認定に関しては私もそう思うし、謝罪は当然だと思うが、製品や使用者には一切関係ないのである。確かに今回のCMでしてはいけない一線を超えてしまったという感じは受けている。でも、私は日本人としても製品の不買運動に参加したくはないね。そうしてしまったら、隣国との問題になっているボイコットや暴力も含めた締め出しが始まるから。製品や使用者にレッテルを貼る事態があってはならない。知らない一般人が炎を広げて欲しくない。僕がそういう政治活動を蔑んでいるのもそう言う理由だ。正当な理由が見当たらなくなるからだ。だから、今回の件で不買を掲げ、すすめている人は今すぐ辞めてほしい。風評被害を受けるのは中国のスマホに限らない。東京オリンピックのパートナーのサムスンだって例外ではない。君らがこれからいいスマホを手にできるチャンスが減るんだぞ。

番外編:某テロ事件を思わせる描写について

自分の考えには関係ないが、もう一つこのビデオを考察すると某テロ事件を想起する事柄が見つかった。21世紀の初めにニューヨークで起きたテロ事件だ。人はそれを日付に合わせて911と呼ぶ。このプロモーションビデオを見て、貿易センタービルに旅客機が突っ込んだ事件を想起させるビルへの突撃と突破。ニューヨークの街を飛ぶRedmi Note 9 Pro。

スマホは南から北に飛んで行き、エンパイアステートビルも登場。実は最後のコマ、本当にあった景色。Googleストリートビューで見つけた。

軌跡、ユナイテッド航空175便の事件を思わせてしまうのだが…中国製品のプロモーションは派手なのがお馴染みだが、とにかくXiaomiのモラル姿勢自体は問われるべきだろう。

日本人の私でも事件を想起したが、動画のコメントで、英語のものもこれに関しての指摘はなかったため、日本人が歴史について学んでいると実感すると同時に、コミュニティが狭くそういう中傷に神経質になっているとも感じた

まとめ

長くなってしまったが最後にまとめて終わろう。

Xiaomiのモラルは危ない

筆者は保守的な立場だがXiaomi製品の購買には関係ない

確かに会社は反日かもしれないが不買の猛烈な圧力を辞めよ

この件に関しての見解はこれで終わりにすることにする。

追記、5/6昼頃、Xiaomiの日本法人公式Twitterが謝罪をした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました