注目はOPPO Reno3 A。UQmobileが2020夏モデルを発表。

Android

格安モバイルのUQmobileから2020年夏モデルが突如として発表された。格安SIM系のスマホはあまり期待できなかったこともあって、高付加価値のラインナップにより筆者も驚いている。早速見ていこう。

Galaxy A41 

auやドコモで発売が予定されている機種と同じ。ミッドレンジにして3眼カメラ、画面内指紋認証やおサイフケータイなどコスパの高い端末となりそうだ。

スペックを見ていこう。

Galaxy A41
153mm
70mm
厚み8.1mm
重量160g
カラーブルー、ブラック、ホワイト
画面サイズAMOLED 6.1inch
SoCHelio P65
RAM4GB
ROM64GB
拡張ROM(最大)microSDXC(512GB)
生体認証顔認証/画面内指紋認証
カメラ3眼(標準、広角、深度測定)
おサイフケータイあり

赤い字は同価格の他の端末と比較して優れている点。

安心のGalaxy品質で、安くて高性能なスマホの最有力だろう。

価格は未公表だがドコモと変わらない4万円前後を予想している。

格安スマホならUQモバイル

OPPO Reno3 A ←注目!

OPPO Reno Aの後継として登場。コスパ最強を誇った端末の最新機種として期待がかかる。

4眼カメラに大画面の有機EL、大容量メモリとストレージなど、余裕のあるスマホが再来した。Snapdragon665は先代モデルのSnapdragon710よりも劣っているが、ミドルレンジの中では快適なスマホの一つだ。また、人気だった防水やおサイフケータイは再び搭載。防水に関してはIP67→IP68にこっそり進化している。

スペックを見ていこう。

OPPO Reno3 A
160.9mm
74.1mm
厚み8.2mm
重量175g
カラーブラック、ホワイト
画面サイズOLED 6.44inch
SoCSnapdragon665
RAM6GB
ROM128GB
拡張ROM(最大)microSDXC(256GB)
生体認証顔認証/画面内指紋認証(推定)
カメラ4眼(標準、広角、深度測定、マクロ)(推定)
おサイフケータイあり

OPPO JapanはこのスマホをRenoAの後継と位置付けている。カメラフォンを自称するOPPOシリーズではカメラの進化が気になるところだ。

格安スマホならUQモバイル

AQUOS sense 3 basic

こちらは法人向け端末として半年前にauやソフトバンクから出ていたものが一般向けに販売されている。スペックは全体的に低いが、IGZOディスプレイは消費電力性能に長けていて、発色が綺麗なのもポイント。

AQUOS sense3 basic
147mm
70mm
厚み8.9mm
重量167g
カラーライトカッパー、ホワイト、ブラック
画面サイズIGZO 5.5inch
SoCSnapdragon630
RAM3GB
ROM32GB
拡張ROM(最大)microSDXC(512GB)
生体認証顔認証
カメラ単眼
おサイフケータイなし

どれだけ低価格かが気になるところ。超ライトユーザー向けの仕様なので筆者あまり期待はしていない。

格安スマホならUQモバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました