SurfaceBook3登場!モバイルSurface史上最高性能を検証する。お得なセール情報も。

Microsoft

タブレットにも、ノートにも。どっちにでもなれる万能端末のSurfaceの最高スペックモデル、SurfaceBookの3代目が登場した。クリエイターに、研究者に、プログラマーに、その携帯性と使い勝手に、ファンも多いはずだ。今回は、SurfaceBook3について詳細なスペックを比較しよう。学生向けの価格やセール情報も公開する。

公式サイト

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

【セール情報】

現在、マイクロソフト公式ストアではSurface Book3が22000円引きSurface Pro Xが16500円引きのセールを行っている。ただし学生割引との併用は不可。

欲しかった高性能で持ち運べる2in1パソコンを安く手に入れるチャンス!!

Surface Book 3とは

コンセプトは「どんな要求にも対応するノートPC。」変化する形態でパソコンの概念をモバイルに変えるのはもちろん、ハイスペックによってどんな作業も、どんな仕事もこなすモデルになった。

外観を見ていこう。外観に関しては大きな変更はない。筐体の型は前と型が全く同じであり、仕上げの色がシルバーからプラチナへ、光沢のあるものになった。内部の構成パーツが一新されたようだ。外観がスタイリッシュで、シンプルなデザインを継承している。

取り外せばタブレットになるが、Surface Proなどとの違いは、完全に密着するノートパソコンになれることである。画面部分をキーボードに装着後、ロックボタンを押せば完全に自立したラップトップタイプに。実はこれ、タブレット部分が本体で、キーボード部分がドッキングスッテーションになっている。圧倒的薄さもここから来ている。畳むと、鉄板を折り曲げたようなデザインなので好みは別れそうだ。

ホームページでは、スペックを前面に押し出している。前モデルから最大値が大きく進化した。

Core第10世代(最新)のプロセッサ

最大32GBのRAM

最大1660TiのGeForceグラフィックス

など、ノートパソコンでは最高クラスのスペックを選択できる。

また、このシリーズの特徴として、ラップトップとしてキーボードを装着すると、キーボードがバッテリーになっているので長時間の使用ができる。公式では13.5インチが最大15.5時間、15インチが最大17.5時間の駆動を宣言しており、バッテリー駆動時間では最高クラスの長さを実現している。

Surface Book 2との比較

それでは、ここから前モデルとの比較をスペックで見ていこう。外観は変わらないのでね。

Surface Book 3(13.5・i5)Surface Book 2(13.5・i5)Surface Book 3(13.5・i7)Surface Book 2(13.5・i7)
232mm232mm232mm232mm
312mm312mm312mm312mm
厚み23mm23mm23mm23mm
重量1.534kg1.534kg1.642kg1.642kg
カラープラチナ シルバープラチナ シルバー
RAM8GB8GB16GB〜32GB8〜16GB
ROM256GB128GB〜256GB256GB〜1TB256GB〜1TB
CPUCorei5-1035G7Corei5-7300U/8350UCorei7-1065G7Corei7-8650U
GPUIntel Iris Plus
Graphics
Intel UHD 620GeForce GTX 1650
Max-Q(4GB)
GeForce GTX 1050(2GB)
画面サイズ13.5inch13.5inch13.5inch13.5inch
画素密度260ppi260ppi260ppi260ppi
生体認証顔認証顔認証顔認証顔認証
インターフェイスUSB-A(3.1,3.1)、
USB-C(3.1)、

ヘッドホンジャック、Surface Connect×2、SDカードリーダー
USB-A(3.0,3.0)、
USB-C(3.0)、ヘッドホンジャック、
Surface Connect×2、SDカードリーダー
USB-A(3.1,3.1)、
USB-C(3.1)、

ヘッドホンジャック、Surface Connect×2、
SDカードリーダー
USB-A(3.0,3.0)、USB-C(3.0)、
ヘッドホンジャック、
Surface Connect×2、SDカードリーダー
商品リンク

続いては15インチモデル。

Surface Book 3(15)Surface Book 2(15)
251mm251mm
343mm343mm
厚み23mm23mm
重量1.905kg1.905kg
カラープラチナ シルバー
RAM16GB〜32GB16GB
ROM256GB〜1TB256GB〜1TB
CPUCorei7-1065G7Corei5-8350U/Corei7-8650U
GPUGeForce GTX 1660 Max-Q(6GB)Intel UHD 620/
GeForce GTX 1060(6GB)
画面サイズ15inch 15inch
画素密度260ppi260ppi
生体認証顔認証顔認証
インターフェイスUSB-A(3.1,3.1)、USB-C(3.1)、
ヘッドホンジャック、Surface Connect×2、
SDカードリーダー
USB-A(3.0,3.0)、USB-C(3.0)、
ヘッドホンジャック、Surface Connect×2、
SDカードリーダー

先ほど述べたように、筐体は大きさから重量まで全てが同じ。しかし内部のパーツを入れ替えたため性能は大きく変わっている。

全体として、CPU世代の刷新、GPUのアップグレードによってモデルから全体的に1.2〜1.5倍の性能アップに成功している。また、目立たないがメモリ(RAM)のクロック数が2倍に。処理性能の限界がより大きくなった。

そしてさらに目立たないが、インターフェースの性能も上がり、USB 3.1(Gen1→Gen2(当ブログではそれぞれ3.0、3.1と記載))となり、通信速度は2倍に。有線での拡張作業がより快適になった。

目新しい技術などはないが、性能が改善され、価格は15%ほど上がった。全体的なコスパは良くなったと言える。

全モデル間のスペック比較

では、ここからSurface Book 3において、前7モデルの比較をしよう。

i5-256GBi7-256GBi7-512GBi7-1TB
RAM8GB16GB32GB32GB
ROM256GB256GB512GB1TB
CPUi5-1035G7i7-1065G7i7-1065G7i7-1065G7
GPUIntel UHD 620GTX 1650 Max-QGTX 1650 Max-QGTX 1650 Max-Q

まずは13.5インチモデルから。i7モデルで、CPU性能が上がるのはもちろん、RAMが2倍、GPU性能が何倍もの(Passmarkでは5.5倍、notebookcheckでは4倍)性能になるのが特徴だ。

性能アップでいえば、最下位モデルを買うより、i7モデルの最下位モデルを買うと、RAM+8GB、CPU性能アップ、GPU性能大幅アップで価値は高い。普段は普通のパソコンを使い、たまに高性能を使う人におすすめできる。

i7モデル最下位はこちら。

次に15インチモデルを検証しよう。

i7-256GBi7-512GBi7-1TB
  RAM  16GB16GB16GB
ROM256GB512GB1TB
CPUi7-1065G7i7-1065G7i7-1065G7
GPU GTX 1660 Max-QGTX 1660 Max-Q  GTX 1660 Max-Q

15インチモデルに関しては、13.5インチモデルのGTX1650 Max-QをGTX1660 Max-Qに置き換えただけのようだ。とはいえGPU性能はPassmark換算で1.6倍となる。4Kなどの重い動画のレンダリングなどに時間をかけたくない場合、非常に重要な性能だ。

【学生価格あり】価格でコスパを検証。

ここからはPassmarkのCPUとGPUの数値を用いて性能を検証する。目的別にどのモデルがいいか考えよう。

i5-
256GB
i7-256GBi7-512GBi7-
1TB
15-i7-256GB15-i7-512GB15-i7-1TB
RAM性能400080008000800080001600016000
SSD(ROM)速度400040008000160004000800016000
CPUベンチマーク8744909490949094909490949094
GPUベンチマーク1054576957695769911591159115
価格209880262680316580341880292380351780374880
学生価格188892236412284922307692263142316602337392

価格に関しては、一般よりも学生価格が一律10%引になっているのが分かると思う。

RAMとROMは容量に比例して点数をつけ、CPUおよびGPUはPassmarkの数値を掲載した。ここから、2つの作業に対して別の計算をしていく。なお、この計算は筆者の体感による分析であるため、スムーズな動作の保証はしない。

動画編集力

動画編集力は

(RAM+CPU)×ROM×GPUで計算し、見やすい数になるよう数を小さくして小数点以下を四捨五入した。

i5-256GBi7-256GBi7-512GBi7-1TB15-i7-256GB15-i7-512GB15-i7-1TB
動画点数54394789157762318293659

GTX1660 Max-Qを積み、大容量RAMで快適な作業ができる高性能モデルがやはり優れている。

ゲーム能力

ゲーム能力は、

RAM+CPU×GPUで計算する。動画編集力と同じく見やすい数になるよう数を小さくして小数点以下を四捨五入した。

i5-256GBi7-256GBi7-512GBi7-1TB15-i7-256GB15-i7-512GB15-i7-1TB
ゲーム点数92524524524828829829

GPUの性能が大きく影響。実際、CPU性能自体にはモデル間の差はあまりなく、3Dゲームのパワーはグラフィックプロセッサに大きく影響を受けるようだ。

これらを割ってコスパを計算しよう。

総合的な性能のコスパは

i5-256GBi7-256GBi7-512GBi7-1TB15-i7-256GB15-i7-512GB15-i7-1TB
動画編集コスパ0.2551.502.494.612.135.209.7634
ゲームコスパ0.4391.9971.651.532.832.352.21158

これらが高ければ高いほどコスパがいいことになる。

やはり、上位モデルが性能が高く、コスパは高いようだ。

動画編集には15インチモデルの最上位モデルを、ゲームには15インチモデルの最下位モデルを買った方がいいということだろう。

SurfaceBook3を買うときの注意点

各スペック個別のカスタマイズができない

Macなどと違って、Microsoftストアでは各スペックを個別にカスタマイズすることができない。これは安定した在庫確保のためだと思われる。だから、CPUのCore-i5と16GBのRAMを同時に選択できない。そのため自分の用途に最も近いスペックを判断する必要がある。

予め決まったスペックのものしか買えないのは注意しておこう。公式サイトはこちら。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

ストアでは学生価格の資格を確認しないと買うことができない

Microsoftストアでは、Appleストアのように、学生向けの価格をすぐに知ることはできず、一度利用資格を確認しなくてはならない。

そこで、学生諸君は製品ページに飛んだら、「仕様を選ぶ」ボタンの下にある、学生価格の利用資格を確認してから移動しよう。学生価格に表示されたことを確認するのを忘れずに。

保証が2年間しかない

偶発的な事故による損傷への保証は、最長で2年間しかないのは気を付けておこう。同じような価格で保証を提供しているMacが3年間だから、そのつもりでいくと保証してもらえなかった、なんてことになるかもしれない。

結局、SurfaceBook3は「買い」なのか?

で、結局だ。SurfaceBook3は買いかというと、動画編集やゲームを持ち運びやすい大きさで揃えている本機は、間違いなく「買い」である。

2-in-1やタッチパネル対応ののパソコンを探してみても、ここまでの性能をもつパソコンがなく、ゲームや動画編集に対してここまで強いものであれば、普通のノートパソコンと比較してもないからだ。

時にペンと共にスケッチブックになったり、時に超高性能ワークステーションになったりなど、非常に性能が高い。

デスクトップ並みのスペックを手にしておきながら、重量は2kgを切り、薄型である。また、ゲーミング用途として十分に使えるスペックを持つ中で、シンプルなパソコンは珍しいものだろう。だから、このパソコンがおすすめな人の特徴を記しておこう。

動画編集やゲームに万能なパソコンが欲しい人

高性能でも携帯性やシンプルなデザインを大事にしたい人

出先で絵を描いたりする人

これらの人なら、満足して使うことができるだろう。

筆者のおすすめは、最高性能を最も安く手に入れられる32GB、512GBモデルだ。13.5インチでも高性能だが、+35200円すればGPU性能が1.5倍の15インチモデルが手に入る。

13.5インチ

15インチモデル

まとめ

最後に、この記事の内容をまとめよう。

いいこと

ノートパソコン最高クラスのスペック。動画編集もゲームも思いのまま。

高性能なのにタブレットにもなれて、2kgを切る軽さ。

ーミング、高性能パソコンにしてはシンプルなデザイン

高等教育機関の学生は10%オフ

悪いこと

スペックのカスタマイズが個別にできない

畳んだときのデザインが慣れないダサさ

有料プランでも保証が短い

【セール情報】

現在、マイクロソフト公式ストアではSurface Book3が22000円引きSurface Pro Xが16500円引きのセールを行っている。ただし学生割引との併用は不可。

欲しかった高性能で持ち運べる2in1パソコンを安く手に入れるチャンス!!

購入はこちらから。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました