【また怒涛の在庫処分】Pixel3aがついに値引き。コスパ高すぎ。

Android

Pixel3aが在庫処分にかけられている。ついに新型の登場に向けて在庫処分が始まったかと思わせるこのセールは、値引きが稀な3a無印モデルの在庫処分。XLは過去のセールで怒涛の値引きを受けたが今度は本当に最廉価になってしまった。

過去記事はこちら。

Pixel3aとは

まずPixel3aについて紹介しよう。Pixel3aは、AndroidOSを開発しているGoogleの純正スマートフォンだ。

純正ブランドのNexusの高級な後継機として2016年のPixel、Pixel XLに続き、市場に投入されている。高級機ということもあってもちろん仕上がりはハイエンドだがカメラが強くGoogleのサービスを余すところなく使えるのも魅力だ。

日本には2018のPixel3から投入され、翌年5月にはシリーズ初の廉価版、Pixel3aも発売され、人気のモデルとなった。

まずスペックから見ていこう。

Pixel3a
151.3mm
70.1mm
厚み7.6mm
重量147g
カラーCleary White, Just Black, Purple-ish
画面サイズ5.6inch
SoCSnapdragon670
RAM4GB
ROM64GB
拡張ROM非対応
生体認証背面指紋認証
カメラシングルカメラ
おサイフケータイあり

ボディは小さく、扱いやすいのが特徴だ。縦長の筐体で、横幅70mmというのも掴みやすい。なにより、重量が147gであるから、女の子でも持ってて苦痛にならないのが特徴だ。カラーも、電源ボタンの配色に遊びを感じられて、高級感はないけど所有感そのものは高い

XLではあるが、サイズが大きいだけなのでもっと見たい方やカメラを知りたい人は以下のレビュー記事を見て欲しい。Antutuベンチマークもある。

Pixel3aの魅力

では魅力の紹介だ。

カメラが強すぎる

夜景に強い

まずPixel3a、カメラが夜景に強い。iPhoneのナイトモードと互角に勝負できるほどには強い。嘘だと思うなら以下の画像を見て欲しい。申し訳ないが、Pixel3とPixel3aの背面カメラは同じなのでPixel3の写真をPixel3aのものとして使わせてもらう。

上下を見てどちらがPixel3だと思うだろうか。答えは上である。Pixel3aの方が、色の過剰さや露出を抑えた自然な写真を撮ることができるのだ。ちなみに下はiPhone11。もともとiPhoneシリーズ自体が夜景に弱いのだが、夜景性能で言えば11シリーズはPixel3aよりも下である。

(比較的)ズームに強い

また、ズームに強い。通常ズーム撮影ができるスマホは、望遠レンズという専用のレンズを搭載しているのだが、Pixel3aは単眼なので標準レンズでのみ撮影する。こちらは望遠レンズを積んだiPhoneXSとの比較。7倍ズームである。

どちらがPixelだろうか。答えは、上である。上の方がズーム後の画像にザラザラがなく、きれいに写っている。光学2倍のカメラを搭載しているiPhoneXSが弱いのもあるが、Pixel3aがシングルレンズで驚異的なズーム性能を発揮しているのも事実だ。

持ちやすいサイズ感な上に軽い

紹介の欄でも述べたとおり、Pixel3aは非常に持ちやすい。横幅を抑えてあるので片手操作もしやすい。また非常に軽量なので軽さを求める人にはいい。

おサイフケータイやActiveEdgeの搭載などPixelの血が入っている

Pixelシリーズの日本仕様にはおサイフケータイが搭載され、改札を通る時もスマホ一つで簡単にできるようになっている。SIMフリースマホの中では非常にめずらしく、日本専用で嬉しい。

ActiveEdgeとは、握るとアシスタントが起動するもので、Googleあひっスタントを早く起動させるのに役立つ。あと実感としてPixelのアシスタントは他のAndroidスマホに比べても早いかな。

Googleのアップデートが長い

PixelシリーズがGoogleの純正スマホとして活躍できる理由は、これにある。3年間のアップデートが保証されているため、4年間ほど最新のOSでスマホを使える。セキュリティアップデートや機能も最新で楽しめるので、他の2〜3年しか使えないAndroidに比べて結果的に低コストなのだ。

実際にこのPixel3aは今廉価版として発売されて1年ほど経っているが、これから3年使えるのは嬉しい。今発売されるスマホと同じスタートを切れるのだ。

Pixel3aの難点

逆に難点を教えよう。これを許容できない人は買わない方がいい。

防水に弱い

Pixel3との差別化として、防水保護を省いているため防水はIP53級。雨に濡れるのは大丈夫だが水没はアウト。

ボディが貧弱

ボディが弱い。私の買ったPixel3aXLは地面に落として画面が割れた。ハイエンド並みのGolliraGlass5を採用していても、設計がダメだとすぐダメになる。ここは困るコストカットだ。

リセールがひどい

そして最後。もしこのスマホを売って新しいスマホを買うときに注意して欲しいことは、下取りの価格が全然つかないということだ。試しにiPhoneXSとPixel3を比較して見てみよう。

※執筆当時・イオシスのスマホ買取(参考は未使用)より

iPhone XS(64GB・SIMフリー)が52000円 であるのに対して

Pixel3(64GB・SIMフリー)は32000円である。

これでもかなりの差だが、残価率で見てみよう。

iPhoneXSが発売当時124080円(税込)に対してPixel3が95000円だったから、

iPhoneXSが41.90%

Pixel3が33.68%である。

ここまで差があるのには理由があって、Pixelのほうがセールで安く出回ることが多いために中古の価格を下げざるをえないからである。正確にはSIMフリーで買う新品の方が安いなら中古と相場が逆転して売れ残りかねないからだ。

Googleは過剰な値引きによって最初に買ったユーザーの負担を重くしていることに気づいた方がいい。逆に、Pixelシリーズはあとから買ったほうが得をする。

怒涛の在庫処分で14000引

現在Pixel3aはSIMフリーで35500円。定価から14000円引きだから非常に安い。お得に長く使える高性能スマホを求めるならこの機会に買った方がいいだろう。

Pixel3aの購入はこちら

逆に、上記のデメリットより長く使わない予定なら一考した方が良い。

まとめ:バーゲンセールすぎる。古いが買う価値はある。

今回のセールで安くなったPixel3aは、

カメラが強い

持ちやすい

長く使える

というメリットを持っているが、

水没や衝撃に弱い

安くでしか売れない

ことも頭に入れて検討して欲しい。

[別記事]Pixelシリーズの紹介はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました