【コロナ対策】ユーザーの防疫を助けるiOS 13.5がリリース。

Apple

マスク着用時のロック解除を助けたり、接触者を警告するプログラムにを導入したりと、ユーザーの防疫を助ける機能がアップデートされたiOS13.5が配布された。

その機能を詳しく見ていこう。

Face IDでのロック解除が難しいとき、パスコードフィールドに素早くアクセスできる

この機能は、マスク着用者にとってのFaceIDでのロック解除時の操作を簡略化するそうだ。

具体的には、

FaceIDロックを搭載しているiPhoneがマスクを着用していると識別すると、パスコードフィールドを画面下から直接引き出すことができるというもの。

さらに具体的には、

マスク着用時のロック画面で

従来(iOS 13.5より前)のロック解除

画面点灯→(Face ID識別不可)

→画面下からバーを上げる→(FaceID 識別不可)→パスコード入力画面が登場

これでは識別時間に1秒ほどかかってしまい、ユーザーのストレスであった。

最新(iOS 13.5以降)のロック解除

画面点灯→(FaceID識別不可)→画面下からバーを上げる

→パスコード入力画面が登場

というように直接パスコードを引き出せる。

iPhoneX以降(SEは除く)のiPhoneは全て生体認証がFaceIDだったから、これは朗報である。指紋認証もついてれば話は違ったが…今改善可能な範囲内でのアップデートであり、筆者もiPhoneXSユーザーとして賛成である。

筆者が体験してみた

マスクを着用し、FaceIDロック解除。当然認証しない。

しかし今までと違って鍵マークが即座に「上にスワイプしてロック解除」に変更された。FaceIDによる解除を諦めたようだ。

そこで画面下のバーを上げると、iPhoneは顔を探すことなくパスコード画面に移行した。ここで、「FaceIDをオンにするにはパスコードが必要です」との表示が。これ以降、ロックを解除しなければFaceIDでの解除をすることなくパスコード画面に行けるようだ。

またマスクをしなかった場合に解除されないとき(表情の大きな変化や明後日の方向を向いていた)は、通常のFace ID解除と同じく顔を探し続けるようだ。

新しいシステム構造

マスク認識の有無で変化するようだ。ちなみにマスクの認識がなくても、認識させればすぐにパスコード画面を引き出せるようになる。いままでと比較して出来もしない認識の間に退屈することがなくなる。

接触者追跡のプログラムが導入

おそらく濃厚接触者特定のプログラムであって、距離が近かった感染者ユーザーの可能性を教えてくれる。何か自分の周りにあった時に、接触者の特定も簡単になるというものだ。

設定のプライバシー機能にあるが、政府公式のアプリがないと動作しないようだ。もちろんこの情報通知は勝手に知らされるものではなく、ユーザーの同意が必要になる。今後この機能が使えるようになる準備が導入された。

FaceTimeでの話し手を目立たせる機能

話し手が自動的に大きくなったりすることがないように設定できるようになる。オンラインの映像のやり取りなどで使用機会が増えている今、修正を施したものとみられる。

その他バグ修正

そのほかにも、細かなバグが修正されているようだ。

まとめ

最後にこのアップデート内容についてまとめよう。

iOS 13.5ではFaceIDでマスクを検出。解除がしやすくなり便利になった。

濃厚接触者の可能性を通知してくれるプログラムの導入。

FaceTimeの話し手の表示設定追加。

コメント

タイトルとURLをコピーしました