【aliExpress】日本未発売スマホを中国から買った話。

ガジェット

日本にないなら、海外から取り寄せればいい。ネットが発達してきたおかげで今ではこんなことも可能になった。日本語でOK。いつものクレジットカードでOK。今回は、私が中国からスマートフォンを買った話をする。

利用したのはAliExpress。

大手海外通販、AliExpressから購入した。日本語にも対応しているが自動翻訳している程度なので語と語の間に対して読解力が必要。Alibaba系の通販は玉石混交の中国市場出身だから消費者に優しい。消費者のショップとの連絡もスムーズ。

商品検索。

商品検索をしてゆく。同じ画像を利用したショップが大量に並ぶ。アマゾンというより楽天のような感じである。


また、モデルにより値段が微妙に違うのでよく比べた方がいい。各ショップを見るとわかると思うが値段に幅がある。カラーによるけれど、自分の購入したオレンジは他のモデルよりも5G限定モデルとして設定してあるため高い場合が多い。安く買いたいなら自分の欲しいモデルをチェックしてよく比べよう。

注文。

決済方法は普通のクレジットカードでOK。

USドルで注文しても日本のクレジットカードで決済されれば日本円に換算される。安い時を狙おう。記事リリースされている今は安くなっている。世界経済の停滞なのか、次期モデルであるP40の発表が3/26に控えてあるからかな?

到着まで。

このオーダーが成立したのが3/5の昼過ぎ。注文の到着には21日、3週間かかるらしい。

原産国を出発

発送の連絡が来たのが日付が回って3/7になった頃。

案外早くて驚いている。海外通販は仕事が遅いと先入観があったから少し見直した。

一旦シンガポールを経由して日本に。

追跡番号を見つけ検索してみると一旦シンガポールを経由して自分のところに来ているらしい。2月にシンガポールに行っている自分と重なってちょっとした親近感。ここの部分で少し時間がかかっている。

大阪に到着。税関をこれから通過する。

税関は気にすることなんてないのかも。

ちょっと待った。税関を通すのに手間取っているじゃないか。failureだと!?もしかして輸入したらアカンやつなのか?これは大阪の国際郵便局にちょっと聞いてみなきゃ。

と思ったが次の日にはもう到着の連絡がメールで来た。税関に手間取っているとか諸意味はあるらしいがここの表示よりも商品が真実。地元の配送センターに来ているらしい。ちょっと取りに行ってくる。

到着。

そんなこんなで到着した。郵便局の人も親切で、お渡しすることが難しいかもと言われたが無事に渡してくれた。受け取り完了。箱はボコボコだが気にすんな…

買った商品はこちら。

AliExpress.com Product – Huawei Mate 30 Pro 5G Mobile Phone Smartphone Cell Phone 6.53″ OLED FHD Display IP68 4500mAh SuperCharge In-Screen Fingerprint

買った商品のレビューがこちら。

コメント

  1. […] 【aliExpress】日本未発売スマホを中国から買った話。日本にないなら、海外… […]

タイトルとURLをコピーしました