【便利】FeliCaなしでも!改札をスマホだけで通過&キャッシュレス化する方法!

Android
{"source_sid":"DF5A1AAB-DA9C-4E85-AE81-D9F9534EED57_1591884252071","subsource":"done_button","uid":"DF5A1AAB-DA9C-4E85-AE81-D9F9534EED57_1591884252055","source":"editor","origin":"gallery"}

端末をかざすだけで改札を通過できるおサイフケータイは便利だ。端末一つで移動が楽にできる。筆者も移動に使い始めてから手放せなくなっている技術の一つで、現在所有している6台のスマートフォンのうち実に4台がFeliCa搭載端末である。しかしスマホの需要を輸入に頼りがちなスマホ市場ではFeliCa搭載端末はまだ少なく、特にSIMフリーのスマホには搭載されてないことが多い。今回は、FeliCaが搭載されてないスマホでも快適にコンタクトレス決済をする方法を伝授しよう。

なぜFeliCaが求められているのか

実はこの技術の歴史は長く、iPhone7が日本仕様として搭載する前からAndroid端末で実装されていたほか、ガラケー時代には携帯のみの非接触決済は既に存在していたからだ。この日本独自の規格はソニーの開発した通信技術になる。

ソニーの特許技術、FeliCaとは

まずこの技術について

NFC搭載とどう違うんですか。

という質問は多い。

AndroidスマホでFeliCaを使うときはNFCをオンにしなくてはならないし、NFC=FeliCaじゃないの?と思うかもしれない。実際には少し違う。

FeliCaは通信技術で、NFCの一部である。

つまりはNFC(Near Field Communication=近距離無線通信規格)ファミリーのうち一つがFeliCaなのだ。FeliCaは通信が高速なことから日本のいろいろな場所で採用されていて、

交通系ICカードのSuicaやその他のカードから、iD、QuickPayも含まれている。つまりはこの機能をスマホで使うにはFeliCa技術が必要である。

最近のAndroidスマホでもNFC搭載はよくあるがFeliCaが使えないものが多いのはこれが理由である。NFCファミリーのうちFeliCaと通信方式が違うものは利用できないことを知っておこう。仕様書にFeliCaやおサイフケータイ対応と書いていないものは使えないと思ったほうがいい。

ちなみに日本の交通インフラの大部分(地方都市まで含めて)を担っているICカード群はFeliCa方式で、相互利用が可能なのだ。ならばSuica一つをスマホに入れて使えるならと、最近はかなり普及している。

おサイフケータイのメリット

おサイフケータイのメリットとしては、やはりスマホで完結する決済方法ということだろう。カードからの入金、残高確認、決済まで全てスマホでできる

AndroidならそれはSuicaに限らずNanacoやEdyなどの他の電子マネーを使えるのも特徴だ。

もちろん、スマホ一つでできるおサイフケータイが最も便利なのは周知だが、ならば搭載していないスマホでもできるようにしたいものである。搭載端末じゃなくてもある程度の快適さを享受したい!そういう人におすすめの方法を用意した。次である。

FeliCaなし端末でもFeliCaしたい!

それではこれからFeliCaするための手順を教えよう。おすすめ度を星の数で表している。

カードポケット入りケースを買おう ←☆☆☆

背面にカード入れを持ったスマホケースを使って、普段使う交通系ICカードを入れることだ。これが最もシンプルで使い方もFeliCaに近い。

メリット

メリットは、導入が非常に簡単であること

いつものカードをケース背面に入れるだけで良い。事前の設定もこれで十分。もともとのカード使いから離れられない人におすすめだ。

デメリットは手帳型以外では対応ケースが少ないことチャージは普通のカードと同じく券売機でチャージしなくてはならないことカードが他人に見えてダサいことだ。

今のところカードポケットを備えたスマホケースはAmazonに大量に存在するが、ほとんどが手帳型である。例えば人気のSIMフリースマホ、HuaweiのP30 liteでもラインナップに欠けており、デザインを選びにくい。

あとチャージのたびに券売機に行くようではそれだけで時間を取られるし、券売機は混雑する時間では列に並ぶだけでなお時間を取られストレスになる。

カードが他人に見えてダサいという意見はあるかもしれないが、大丈夫だ。誰も君のスマホとかよく見てないから。ダサいんだとしたらカードじゃなくてケースのデザインか最悪君だから。

気をつけて欲しいのは、NFC搭載スマホだと、ICカードを背面に近づけただけで反応して画面が遷移してしまうことがあるためNFCは切っておこう。

スマートウォッチかバンドを使おう ←☆☆

スマートウォッチ

スマートウォッチを使うのも手だ。これならFeliCa非搭載スマホでも、スマートウォッチをかざして使える。

Apple Watch series 2以降(iPhone専用)

である。

いやふざけんなと思う人もいるだろう。そもそもiPhoneは3年以上前からおサイフケータイ化しているのだから。自分はAndroidで、おサイフケータイ化したいの!という人のために、こんなものがある。

Garmin Pay

Garminが2020年5月21日からSuicaに対応した。

価格は30000円〜と少し高いが、Suicaが積めるスマートウォッチはAndroid対応では今のところこれしかない。このために3万出すと考えると高いが、あくまでブランドもので高機能のスマートウォッチであることをお忘れなく。

ウォッチで残高も見られる上に、専用ページでチャージをすることも可能だ。

メリット

メリットは、FeliCa対応スマホと同じくスマホでチャージ、残高確認が完結すること

スマホの外観が好きでケースをつけたくない人はいるはずだ。この方法だとケースや物理カードを使ってスマホの外観を損なうことなくSuicaが使える。

デメリット

デメリットは、対応機種が少なく高額なこと右手に装着しなきゃいけないことだ。

いまのところiPhoneなら20000以上、Androidなら30000以上の金額がかかってしまう。スマートウォッチなのでスポーツユースや通知確認、簡単な発信などもできると割り切ろう。FeliCaのためだけに買うとなると躊躇ってしまうが、こう考えればあまり辛くない(かも)。

あと改札の形の都合上右につけなくてはならない。現在腕時計はほとんどの人が左につけているが、そのままでは改札でタッチするとき右手にあるポートに向かって左手を出して体を捻らなくてはならない。慣れずに正直辛い。特にAppleWatchは右にデジタルクラウン(ダイヤル)があるので右につけるのがGarminより大変であることは先に知っておこう。

バンド

一応、Suicaは使えないが、iDやQuickPay、Edyを使うツールはある。こちらはスマートウォッチではなくバンドにFeliCaを搭載したものだ。

Wena Wrist

FeliCa開発元のソニーが出しているWena Wristシリーズは、FeliCaを使った決済に対応している。上のiDやQuickPay、Edyに加えてANAのマイレージサービスやdポイントカードにも対応している。ただ、ものすごく高いので注意。

Wena Wrist Leather

一応、FeliCa搭載としてはEdyのみを積んだWena Wrist Leatherがあり、普通の腕時計とも互換性がある。安価で、充電がいらない。あと高級感がある。Edyしか使えない謎商品だが安いし全てを忘れたときの保険として持っておくのはありかも。

ケース裏に入れよう ←☆

これはシンプルで誰でも思いつくのだが、正直おすすめできない。

カードは固定されるし外から見えないためケースのデザインを汚さないが、チャージするたびにケースを外して出すのは面倒。たまーにクリアケースに挟んでいる人を見るけど謎。何度見ても謎である。

番外編:NFC搭載端末なら残高確認は可能

一応、廉価版ではないスマホなら多くがNFCを搭載しているから、残高をかざして確認することはできる。

Google Play Storeから「ICカード 残高」などで検索するとヒットするアプリで、簡単に残高と利用履歴を見ることはできる。改札や券売機を使わなくても確認できるのでお金ない人はカードポケットケースとこれを合わせて使うといい。

結論:やっぱり端末搭載が最強

これらのツールを使った方法はやっぱり周りくどくて面倒なので、改札を通るにはFeliCaを搭載した端末を買うのが結局は一番である。でも、そのために何万円というお金を使う前に、試してほしいからこの記事を書いた。

この記事がスマホでFeliCaを使いたい諸君の目に留まり、役に立てば幸いだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました