カードケータイのレビュー。コスパ史上最悪の端末ゆえに最高の話題作りガジェット。

ガジェット
f:id:Jins:20181123225408j:plain

皆さんは何もしてくれない友人が欲しいだろうか。とことん話に付き合ってくれるし、声も癒される。しかし彼は何もしない。頼んでも何も手伝ってくれない。買い出しに行こう!その時も横にいるだけ。話し相手になってくれるだけなのである。そんな奴は無能である。邪魔なのだ。実際、多くの人はそんな友人など欲しくないと答えるだろう。そもそもそんな奴なんているのか?と答える人もいるかもしれない。いるんだよ。相棒みたいなスマホにはね。マジで。

今回レビューするカードケータイはそんな奴だ。この変態ストゥホ(Stupid Phone)を手に入れた当時の筆者はどれだけイカれていたのか。自分レビューにもなりそうだぞ。

カードケータイって何?

世界最薄最軽量を売りに、「見せ方、持ち方、自由自在。」をキャッチコピーとして機能11/22に発売された。本当にカードサイズ。ちょっと手の大きい人は使いにくくてイライラするかも。見た目はコンセプトモデル。無駄なんか一切ないといった主張が逆にうるさい。むしろ無駄どころか必要な機能もない。

ガラケーを知ってる世代はこういった尖ったケータイをイメージしてくれればわかるかも?(わからない)

f:id:Jins:20181123232316p:plain

徹底レビュー。

外観

薄い。軽い。シンプル。

裏側には「docomo」の刻印が。

本当にクレジットカードと同じで笑う。こんなに小さいスマホを使っているのを見たら只者ではないと思われること間違いなし!

携帯性

どのポケットにも入る。私のズボンのコイン入れやブルゾンの二の腕ポケットにも入る小ささ。頭がおかしい。

画面

電子ペーパーのタッチスクリーン式。画面は白か黒。前の画面の焼き付きがある。別に有機ELのずっと焼きついている類のものではない。電子ペーパーのものだ。

21:26の焼きつきがわかるか?

あとバックライトがないので夜道で見ることができない。夜は変態出るし危ないもんな。こら、不便とか言わない!君はスマホ依存症でしょうが!目には優しい。

UI

Androidベースにしてある。でもAndroidの特権、カスタマイズは出来ない

搭載している機能は写真の通り。どれもシンプルに出来ているので操作は簡単。また、既存の携帯からBluetoothでデータ移行もできる。電話帳くらいしかないが。

何で買ったんや(自問自答)。

当時所有していたスマホはXperiaZ5Premium。画面がデカく無駄な4K。でスペックに見合ったCPUかと思えば爆熱810SnapDragon。消費電力も当然ついていかず落ちる。最悪ですねぇ…こんなスマホとなると使ってられないし料金は高いしでいいことがない。ま、これは親が払っていたので自分はノーダメージ。

うーん。実はこれとは関係なく20歳になったし自分で携帯を契約してみたかった手のが1番大きいかな。ちょうど退職した後でお金もあった。自分の電話番号を持つんだ!その結果がこれ。目新しいものへの興味というよりそんなものを駆使する自分に酔っていたのである。

そんな10月に飛び込んできた吉報だった。

選択したプラン

前述のようにスマホのようで契約はガラケーと同じものを選択できる。この端末の特徴ともいえるところ。また、2018年11月から始まった、ドコモケータイの契約において、通話のみのプラン選択で月々サポートがつくようになった。つまり、実質負担額として割引を受けた状態でも月々が安くなった

こうなると、気になるのが月々の通信料。実際いくらなの?と疑問が湧いてきたのではないだろうか。

大手キャリアを使っている人ならスマホに月に5000円なんて珍しくない。なぁに10000円台だと?気が遠くなるな。年間10万以上を払うと聞くとぞっとしないのか?

この端末はローンの24回払いで今日の頭金が8640円。月々1323円のところサポートが効いて432円。5分以内が無料になるカケホーダイライトプラン1200円(小生は長い連絡をしない)。端末の保険が毎月332円。利用明細web扱いで20円割引。

ここに消費税を乗せて月々2095円

新規契約は先にある程度望みを伝えていたほうが上手くいく。どういった端末が欲しくて、どんな風に使いたいとかは必須。

ここまで小さいと電池持ちが不安とはいえ、体感では結構もってくれている。帰ってきてからWi-Fiに繋いでいるが電池も5%しか減ってない。というのはまやかしで、通話を数回すると瞬く間に充電は半分を切った。

Felica非搭載だの防滴じゃ弱いだの文句言われてたりもするが、高音質通話Vo-LTEにも対応していて、実は電話専用機なのかもと思う。

これ実は高い大人のおもちゃ

この端末、携帯電話にしては流行に逆らった何ともロックな商品で、こういった初の試み的な商品は31680円と高くてもそれが当たり前なのだろう。実はこれが大人というか富裕層のおもちゃ(卑猥な意味と捉えた人は正座して聴け)で、無駄を見せびらかすためのものなんではないだろうか。

私は2年間で使わない携帯に50000以上を奉納する。もうここまで読んだ人はわかるでしょう。こういった端末は私のようなレビュワーの仕事をする人以外、個人購入は避けた方が良い。ある意味では真の携帯電話だが、サイズ的に財布に入れたいが圧壊するし、ポケットに入れるとなくす。2回の紛失と1回の画面割れを経験した私がいうのだから間違いない。無駄。絶対買うな。

Error 400 (Expired)!!1

でも…本音は

「スマホ一強時代に何とか生き残れ。1代で終わりとかないよな?金は出したぞ?」

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました