【日本王者】AQUOSsense3レビュー。日本で一番売れるAndroidの実力やいかに!?

Android
{"source_sid":"88C0BADD-8F2D-44B3-8232-8F9B331B885C_1594973568743","subsource":"done_button","uid":"88C0BADD-8F2D-44B3-8232-8F9B331B885C_1594973568165","source":"editor","origin":"gallery"}

日本で誕生して以来、日本のユーザー向けの設計で可能な限りの技術体験を提供するAQUOSの人気シリーズがある。その名はAQUOS senseシリーズ。そして今、絶対王者iPhoneすら凌ぐほどの売上を見せているのが人気なAQUOS sense3だ。その最強Androidの正体を、私の独断で見抜いていく。

徹底レビュー

外観

外観はシンプル。カメラ構成も2眼ながらユニット内に納めていて、誰でも馴染めそう。

ちょっと厚みのある箱のような角張をもつデザインだ。アルミボディのひんやりさはちょっとした高級感を醸し出している。

携帯性

携帯性は抜群に良い。横幅がたったの70mmなので、75mmを超える大型スマホが当たり前の時代には持ちやすい。

そして重量が167g。実際に計測してみるとちょうどの167gだった。本体サイズが小さいこともあってか密度は高く感じるが、許容範囲内。

音質

スピーカーの音質は高音寄り。通話スピーカーと共用のモノラルで、値段なりの聞こえ方。Galaxy A20と比較したが、音質には曇った感じがないためこちらの方が聴こえはいい。

値段なりだと思う。

画面性能

このスマホの売りは有機パネルの性質を取り入れたIGZO液晶ディスプレイで、液晶ながら広色域、高コントラストを演出している。

Galaxy A20、iPhone8と比較すると以下の通り。

圧倒的に鮮やかに見えるのがこのIGZO液晶パネルだ。視野角には少し問題がある。傾けるとやや暗くなってしまうのが惜しい。

カメラ性能

スマホの手放せない基本性能となっているのがこのカメラ性能だ。シーン別に詳しくみていこう。

明るいときその1

AQUOS sense3の標準カメラ。
iPhone8
AQUOS sense3の広角カメラ

sense3のカメラは白飛びに弱くて、空の雲が見えなくなっているのが現状だ。iPhone8の写真と比較すると一目瞭然。広角カメラは歪みがあるが迫力があって自分は好き。動画撮影で威力を発揮することだろう。

明るいときその2

AQUOS sense3の標準カメラ。
Galaxy A20
AQUOS sense3の広角カメラ

次に明るい風景その2。今度はお安いGalaxy A20との比較。

こちらもまた、白飛びで雲がわからなくなっている。そして全体的に暗い印象を受ける。安いスマホと比較してもダメなのだから、風景撮影には全く期待できない。

逆光

AQUOS sense3の標準カメラ
Galaxy A20

白飛び、黒潰れ現象は逆光になるとより顕著で、一気にモノクロ画の如く色がなくなる。カメラ性能としてははっきりいって悪い。廉価なスマホとしても3年前の水準です。

食事

AQUOS sense3の標準カメラ
Galaxy A20

食事の比較。やよい軒さん、490円でごちそうさまでした。

AQUOS sense3は彩度を強くするフィルターがかかったようになり、個人的にはどこか毒々しくて好ましくない。でもこういった絵作りが好きな人もいるので撮ってすぐインスタ行きの人には受けるのかもしれない。

夜景

AQUOS sense3の標準カメラ
Galaxy A20

夜景、というか暗いところでの比較。どちらもオートで撮った。AQUOS sense3は緑がかった色がよくない。まだ、色が自然なA20の方が好印象だ。あと解像感もピクセル数の少ないA20の方がいい。細部まではっきり撮れている。

ペットの毛並み

猫カフェにお邪魔する機会があったので膝に乗ってきてくれた猫ちゃんを撮影することにした。

AQUOS sense3の標準カメラ
Galaxy A20
iPhone8

iPhone8ほどのモフモフさは表現できていないが、毛の質感は確実に写真になっている。A20は滑らかで残念。

おサイフケータイ

もちろん、日本仕様としてAQUOS sense3にはおサイフケータイが付いている。

ロゴはカメラユニットの中。シンプルな外観作りの配慮が好ましい。

処理性能

Antutuベンチマーク結果は以下の通り(左)。

ほぼ同じスコアのA20よりもサクサクしているように感じる。

ストレージテストは以下の通り(左)。

廉価版スマホとしてはなかなか高いスコアだと思う。A20とのサクサクさの差もここから来るのだろう。

充電持ち

体感では電池持ちがすこぶる良い。4000mAhもバッテリー積んでいたら省電力チップやディスプレイも相まって電池持ちは良いだろう。さすがに1週間の電池持ちとはいかないが。

何よりのポイントは、充電持ち(バッテリー容量)とgという軽さを両立させているところ。バッテリーのために重くなるのは個人的にはスマートじゃないと考えている。

結論

まとめると、

シンプルなデザイン。

小さくて軽く、持ちやすさ重視。

電池持ちがすこぶる良い。

画面は綺麗。くっきり表示。

おサイフケータイ・防水で安心。

最低限の性能で常時サクサクではないがそこそこ快適。

カメラは性能がとことん低い。このスマホにカメラ期待するだけ無駄。

といったところか。飛び抜けてコスパの高い製品ではないが十分な機能を備えた上で基本性能としては(カメラ除く)値段なりかそれ以上のものがあるので、買っても損はないと思う。

個人的に使用するには難しいが、これが日本一売れているというのも、サイズ感と機能、デザインを考えれば理解はできた。ライトユーザー向けのスマホとしてはSHARPの良作と言えるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました