【不確定情報につき注意】iPhone12の情報まとめ。+サイズ感をケースから検証した。

Apple

いよいよ今年のAppleEventだ。今回はiPadなどの製品の刷新に加えてメインとなるiPhoneの変化が大きいということで、そこにクローズしてヒビコア。なりに情報を集め検証してみた。新しいiPhone12シリーズはどう変わっていくのか。予習として発表会前に見ておこう。

※情報に関する調査はしていますが、不確定な情報につき実際と違うことがあります。

iPhone12の噂をおさらい

本物が実際にティムクックの口から出てみないことにはなんとも言えないが、iPhone12シリーズに関する情報を最後の最後でまとめてみるとしよう。

iPhone12シリーズは2モデル4ライン

iPhone12シリーズは、モデルが12と12Proの2つとなる。前者が下位モデル、後者が上位モデルという位置付けだ。11シリーズからの進化としては、価格が低いとされる順に以下のような位置づけだ。

前モデルなし→12(12miniという名称になる可能性あり)

11→12Max(12という名称になる可能性あり)

11Pro→12Pro

11ProMax→12ProMax

エントリーモデルが2つに分化したことで、ラインナップにボディの小さいモデルが加わることとなる。そのサイズ感については後で詳しく書こう。

iPhone12シリーズは全モデルiPadProさながらの角張った筐体で狭縁化

iPhone11シリーズの画面サイズは

11Pro<11<11ProMax

というものだったが、12シリーズでは無印が小さく、Proモデルが画面の大きなモデルとして3種のスクリーンラインナップが存在する。

12(or 12mini)  … 5.4インチ

< 12Max(12) = 12Pro … 6.1インチ

< 12ProMax … 6.7インチ

12シリーズのケースからデザインを考える

12シリーズの筐体ラインナップが以下だ。角張ったデザインが特徴。

12(12mini)

12シリーズ中最も小さいiPhoneは、なんとiPhoneSE(7、8)よりも小さい。それでいて、画面サイズは約1.15倍となっている。12と8のケースの比較がこちらだ。

12のケースが薄いことは了承いただきたいが、その筐体のコンパクトさにはすぐに気づいただろうと思う。

指でしっかり掴んでいる状態で持ってみても画面の端までしっかりと指が届くサイズだ。これならポケットに入れやすいし非常に取り回しがしやすい。

次に12の画面サイズが5.4インチであることを考慮してベゼル(縁)を考えてみよう。画面サイズの表記における四捨五入や切り捨てなどの誤差分は無視する。

丸みがあるため対角線計測は角を端とすると、141mmだから5.4インチは137mm。対角線の97%を画面が占めている。

単純な計算でベゼルは2mmだ。前作11のベゼルが3mmほどであったから狭くなった縁で

小さな筐体で大きく表示できる

質感の向上

というメリットを享受できることとなる。

12Max(12)

画面サイズは前モデルの11から据え置きの6.1インチだ。

全モデルとのケース比較はこちら。


これでもやはり、同じ画面サイズとはいえ筐体が小さくなっていることがわかるだろう。

指でしっかり掴んで持ってみると、画面端まで指を届かせるのが少し難しい。背面に指を置いて支えればちゃんと届くくらいで、男性には扱えても女性にはちょっと厳しいサイズかも。

筐体の対角線の長さは156mm、画面の対角線は155mmだから筐体の対角線のうち画面は99%を画面が占め、ベゼル幅は0.5mmとなる。誤差があるとしても狭すぎないか?

ちなみに11のケースから計測、計算したベゼルは3mmだった。12Maxおよび12Proのベゼルは非常に狭いだろうと推測できる。

12ProMax

12ProMaxは前モデルの11ProMaxからさらに大型化して6.7インチだ。手元に11ProMaxがないので同じ6.7インチのFind X2 Proと比較しよう。

縦は短く、横が長い。12ProMaxは同じ画面サイズのFind X2 Proと比較しても、横に広いのだ。横幅は78mmほどで、男でも持ちにくそうなサイズだ。

指で掴んで持ってみても、端まで指が届くことはない。背面に指を置いても大変だ。曲者なのはやはり大きすぎる横幅だ。

ベゼルを計測・計算してみると、172mmの筐体対角線に対して画面の対角線が170mmで占有率は98%。ベゼルは1mmと狭い。

これで全てのモデルで狭縁化が期待できることが分かってもらえたと思う。

今回購入したケースはこちら。

iPhone12シリーズは全モデル有機EL、A14 Bionicチップ搭載

iPhone11シリーズでは下位モデルの11のみ液晶で、上位モデルは有機EL(SuperRetinaXDRディスプレイ)だったが、今回からは全てのモデルで有機ELが採用されることとなる。

しかしモデルの差別化のために上位モデルと下位モデルでパネルの質が異なり、上位モデルは毎度の業界最高クラスの性能と品質を誇るパネルを採用する見通し。

またSoC(チップセット)もA14に刷新されて、現行iPadProのA12Z(X)やMacBook Proに遜色ない性能を誇るという噂もある。

下位モデルは11に引き続き2眼、上位モデルは3眼+LiDARスキャナ

カメラユニットに関しては、下位モデルは前モデルの11を継承して

2眼(広角(標準)と超広角(広角))、

上位モデルは前モデルの

3眼(広角(標準)と超広角(広角)と望遠)に新しくLiDARスキャナ

を搭載してくる見通し。LiDARスキャナはAR用のセンサーで、光を利用して物体を認識する装置だ。既にiPadPro 2020には搭載されていて、これを利用してAR技術でより楽しめるようになるほか、正確なフォーカスも可能になり自然なポートレートの撮影が期待できそうだ。

さらに、先程のケースを比較すると、カメラユニットが筐体サイズに合わせて大きくなっていることから筆者はセンサーとレンズの大型化を見込んでいる。

Apple Event 2020で期待される新製品

Apple EventはiPhone以外にも新製品を用意していると見られている。

Apple Watch Series6(+SE)

毎年恒例のApple Watchの最新版だ。

Apple Watch Series6にはSpO2(血中酸素飽和度測定用)センサーを搭載していると見られている。Series5同様にサイズやデザインの刷新はなくマイナーアップデートになる可能性が高いとみられる。

そして囁かれるのは廉価版のApple Watch SEの存在だ。近年安価なスマートウォッチの開発が進んだため、それらに対抗して廉価版を出すとのこと。情報は少なく不確実だが噂は確かに存在する。

iPad Air 第4世代

そしてiPad Airが4世代目で、筐体デザインを変えてiPad Pro 2018のようになるとのこと。ベゼルの均等なデザインで10.8インチとなる見通し。

Apple Pencil 第2世代対応

USB-C搭載

クアッドスピーカー搭載

A14 Bionic搭載

などの情報が存在するが幾つかは錯綜している模様だ。

既にAmazonにはAir4のケースが存在し、情報をより確かなものにしている。

ざっくりまとめ

この記事の内容を3行ほどでまとめると、

iPhone12シリーズは4種、角張っていて先進的なデザインとなる

全モデル最新チップ有機EL搭載、カメラも刷新される見通し

iPhone12以外にも発表されるものとしてiPad AirがiPad Proのようになる見通し。

これらに集約される。

筆者としては今夜のApple Eventは新製品の新しさが目立って例年より特に面白いものになりそうな予感がしている。

発表は9月16日、日本時間の午前2時からだが筆者は実況としてTwitterに生息することとしよう。

見れるAppleマニアの同志は、Twitterで #AppleEvent をつぶやきながら楽しもうではないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました