【比較】iPhone 11ProMax、11Pro、11、SE 最新iPhoneの価格差を追う。

Apple

最新のiPhoneSEが、廉価版ながら最新チップのA13を搭載して発売したことを受け、ヒビコア。ではそれらのモデルの価格差を徹底調査することにした。これまでiPhoneの世代はチップによって明確に分断されてきたから、各スペックの差にしっかりと値段がつけられるようになったのだ。今回は、最新3種4機を徹底比較して、iPhoneにおける価格差を考えよう。

スペックの違いを比較

公式サイトの比較を参考にまとめた。

iPhoneSEiPhone11Iphone11ProiPhone11ProMax
138.4mm150.9mm144mm158mm
67.3mm75.7mm71.4mm77.8mm
厚み7.3mm8.3mm8.1mm8.1mm
重量148g194g188g226g
耐水性能水深1mで30分水深2mで30分水深4mで30分水深4mで30分
画面サイズ4.7inch6.1inch5.8inch6.5inch
ディスプレイRetina HDLiquid Retina HDSuper Retina XDR(有機EL)Super Retina XDR(有機EL)
ディスプレイコントラスト比1400:11400:12000000:12000000:1
背面仕上げガラスとアルミニウムガラスとアルミニウムマットガラスとステンレススチールマットガラスとステンレススチール
カラーブラック、PRODUCT RED、ホワイトブラック、パープル、イエロー、グリーン、PRODUCT RED、ホワイトミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールドミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールド
RAM3GB4GB4GB4GB
ROM64GB,128GB,
256GB
64GB,128GB,
256GB
64GB,256GB,
512GB
64GB,256GB,
512GB
生体認証Touch IDFace IDFace IDFace ID
カメラ構成シングル(標準)ダブル(標準と広角)トリプル(標準と広角と望遠)トリプル(標準と広角と望遠)
ナイトモードなしありありあり
自動調整なしありありあり
手ぶれ補正光学式光学式デュアル光学式デュアル光学式
ズーム性能最大5倍光学2倍最大5倍光学2倍最大10倍光学2倍最大10倍
フラッシュTrueToneより明るいTrueToneより明るいTrueToneより明るいTrueTone
ビデオの拡張ダイナミックレンジ最大30fps最大60fps最大60fps最大60fps
オーディオズームなしありありあり
内カメラ種類FaceTime HDTrue DepthTrue DepthTrue Depth
内カメラ画素700万画素1200万画素1200万画素1200万画素
内カメラHDR自動HDR次世代のスマートHDR次世代のスマートHDR次世代のスマートHDR
内カメラの拡張ダイナミックレンジなし30fps30fps30fps
内カメラビデオ画素最大1080p最大4K最大4K最大4K
内カメラHD fps最大30fps最大60fps最大60fps最大60fps
内カメラスローモーションなしありありあり
内カメラミー文字なしありありあり
超広帯域チップなしありありあり
オーディオステレオ空間空間空間
ビデオ再生Dolby VisionとHDR10Dolby VisionとHDR10ハイダイナミックレンジ(Dolby VisionとHDR10)ハイダイナミックレンジ(Dolby VisionとHDR10)
ビデオ再生時間13時間17時間18時間20時間
ストリーミングビデオ再生8時間10時間11時間12時間
オーディオ再生40時間65時間65時間80時間

意外に項目が多いことに気づくはずだ。

詳細と価格差を検証する

では各ジャンルに着目して考えよう。幸いにも、iPhoneは値段によって機能が順調に進化するので付加価値がわかりやすい。

ストレージ容量

iPhoneにおけるストレージ容量の拡張はどの機種でも共通である。

64GBをベースとして

128(+64)GBなら税込5500円

256(+192)GBなら税込17600円

512(+448)GBなら税込41800円

正直、高いと思う。

モデル間の技術差と価格差について考える

SEに+33000円で、

あまりにも多いので、ディスプレイ系、カメラ系、その他に分けて見ていこう。

ディスプレイの差

+4.7インチから6.1インチにディスプレイが大きくなる

より迫力のある映像を楽しめるように。

カメラの差

+広角レンズ ←重要

より広い視点で主観的な写真を撮れる。

+ナイトモード ←重要

夜景や暗いところでの撮影でも綺麗に写る

+光学2倍ズーム

2倍に引き伸ばしても画質の劣化はほとんどなくなる

+オーディオズーム

マイクの操作が動画中で自動化される。

+拡張ダイナミックレンジが最大60fpsまで拡張

白飛びを抑えた動画がより綺麗な映像でも撮影可能に。

+内カメラの画素数が向上

4Kビデオの撮影が可能に。

+内カメラの拡張ダイナミックレンジが30fpsまで可能に

白飛びを抑えた自撮り動画の撮影が可能。

+内カメラのスマートHDRが次世代に

写真の色の調整がソフトウェアによって、より綺麗になる(ちょっと難しい言葉を使えば白飛びや黒潰れを抑える)

+内カメラのfpsが最大60に

より細かいコマまで撮影でき、綺麗に写る。

+内カメラでスローモーションが撮影可能に

内カメラの使い勝手向上。

+ミー文字が使用可能に

自分のアバターを作成して顔に当てられる

その他の差

+オーディオが空間仕様に

多チャンネル化したスピーカーで立体音響(Dolby Atmos)が可能に。

+バッテリー持ちが良くなる ←重要

ビデオ再生4時間(ストリーミングは2時間)増、オーディオは25時間増

+耐水性能が向上

2mの水深で30分に耐久。

+顔認証に対応

動かずともロック解除や決済が可能に。

さらに+35200円で、

+ディスプレイが高画質化

画素密度が1.4倍に。細かいところまでより綺麗に映るディスプレイ。

+ディスプレイが有機EL化 ←重要

ダークテーマでの電池持ちが改善する。

+望遠レンズ

最大10倍のズームが可能に。

+デュアル光学式手振れ補正

動画の手ぶれが抑えられよりビデオが滑らかに。

+バッテリー持ちが良くなる

ビデオ再生1時間増

さらにさらに14300円で、

+ディスプレイが大型化。

より迫力のある映像を楽しめる。

+バッテリー持ちが良くなる。 ←重要

ビデオ再生2時間(ストリーミングは1時間)増

iPhoneに求めるモノ

ここからは私の主観になるが、iPhoneに求めるべきスペックを紹介しよう。

カメラ(特に動画)性能

iPhoneのカメラはソフトウェアが強いため、古い世代のものでも更新によって性能は幾らか向上する。しかし、やはりカメラも場面に合ったレンズやマイクがないと限界はすぐに訪れる。そのため、iPhoneはカメラのアップグレードをできるならしたほうが良い。

特にSE→11の差は大きい。

バッテリー

最新世代のA13チップを搭載しておりバッテリー持ちはいいが、より安定して使用したいならバッテリーの大きいモデルを考えたほうが良い。バッテリー持ちはiPhoneの強みである。

特に、SE→11と11Pro→11ProMaxの差は大きい。

iPhoneに求めなくてもいいモノ

逆に、iPhoneを選ぶときに重視しなくてもいいポイントを考えた。

ストレージ容量

iPhoneのストレージ容量は多彩だが、正直アップグレードにかかる料金が高いのと、iCloudの存在を考えればなくても良い。今の時代、クラウドサービスの方がアクセスが便利だ。iPadなど他のApple製デバイスを持っているなら物理的なストレージは尚更いらない。一日中動画を撮る人だったり、ゲームなどの大きなアプリを入れる人以外はいらない。高い初期投資で使わない容量を買うなんて賢くないと筆者は思う。

防水性能

iPhoneは水没における故障を保証していない。あくまで目安であるから、あんまり水没できる水深が深くなってもあてにできない。またこれは通信機器としての故障の無さを考えたモノだから他の部分が故障しないわけではない。

筆者もiPhone11を水没させてTouchIDやカメラを壊してしまった経験がある。

さあ、iPhoneを買おう。

iPhoneのモデルごとの違いについて説明してきたが、iPhoneの強みは全体的な高性能であって、どれを買ってもある程度の品質が保証されているところだろう。高いなりにも、理由があるのである。

iPhoneの強みについて説明した記事はこちら。

しかしながら、iPhoneを買うにも自分に必要な機能を知って、賢く買う必要がある。この記事が少しでもiPhone選びに迷うあなたの背中を押すことができれば幸いだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました